読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Lilliput Steps

小さな一歩から着実に. 数学やプログラミングのことを書きます.

ポケモン不思議のダンジョンのすすめ

こんばんは, kagamiz です. この記事はポケモンアドベントカレンダーの 17 日目の記事です.
今日はポケモン不思議のダンジョンシリーズについて思いを語らせていただきます.

ポケモン不思議のダンジョンシリーズについて

まず, ポケモン不思議のダンジョンシリーズは, トレーナーがポケモンを育てるというスタンスのメインのシリーズとは違い, ポケモンとなった主人公が未開のダンジョンを攻略し, 友達を増やしていく というスタンスのゲームとなっています. (これは 1 日めの記事でも述べましたね :))

現在までに出ている「不思議のダンジョン」シリーズは

  • 赤の救助隊 / 青の救助隊 (GBA / DS)
  • 時の探検隊 / 闇の探検隊 / 空の探検隊 (DS / DS / DS)
  • すすめ!炎の冒険団 / いくぞ!嵐の冒険団 / めざせ!光の冒険団 (Wii / Wii / Wii)
  • マグナゲートと∞迷宮 (3DS)

の 4 シリーズとなっています. *1

ポケモン不思議のダンジョンシリーズのよさ

Wii 版はさておき, ポケダンシリーズには共通して「良い所」があります.

感動するストーリー

DS の 3 シリーズとも, ストーリーがとても心に刺さります. 最初の「赤・青」では、パートナーとの心の距離を, 実際の救助活動や逃避行で縮めていきます. ともにポケモン達から逃げる姿で心を打たれた人も多いと思います.
また, すべてのシリーズにおいて最終シーンは涙をなしに進められません.*2

感動する音楽

上記のストーリーと合わせて, 音楽にも力が入っています. ぼくのおすすめは「ひょうせつのれいほう」(赤/青), 「けっせん!ディアルガ」(時/闇/空), 「希望のテーマ」(マグナゲート) です.
これは実際に聞いてみるのが早いと思います.
また, 3DS になってから, 使える音色が増え, ハードの進化を感じます.

やりこみ要素

マグナゲートはさておき, 前者 2 つのシリーズではそのときに公表されていたすべてのポケモンが出現します. 友達になる確率もポケモンごとに異なるので, すべてのポケモンを友達にすることはまず大変でしょう.
また, Lv.1 からレベルをリセットされるダンジョンなどもあり, そこを通なポケモンで突破するという遊びもあります.
このように, 遊び方は大量にあります :)

ぜひ, ポケモン不思議のダンジョンシリーズで遊んで下さい! 新しい側面からポケモンを知ることが出来る事をぼくが保証します!

*1:にわかで申し訳ないのですが, Wii 版の冒険団シリーズは遊んでいません

*2:時/闇/空のシリーズをやるなら絶対に空をやることをおすすめします.